« NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」の深沢さん | トップページ | 鈴木亘「保育所の規制緩和」--なんでわざわざややこしいことを »

2010.10.15

鈴木亘「待機児童の元凶は公立保育士の高給」ってホントか?

文藝春秋2010年11月号「待機児童80万人の元凶 公立保育所の給料が高すぎる--鈴木亘(学習院大学教授)」を読む。

予想通り、鈴木教授(保育園をミネラルウォーターにたとえた人)は

・公立保育所の保育士給与が高い
・保育士の組合等、既得権益者が規制緩和に反対している
・認可の規制が強く、保育所の参入障壁が高い

ことにより、保育所が増えず、待機児童が減らない と主張している。

鈴木氏の言う通りなら、保育士の給料を下げれば(そして規制緩和すれば)保育所をたくさん作れることになる。

なんなら保育士を全部非正規(パート・バイト)にして年収を3分の1程度(600万円を200万円にするとか)すれば、保育所が劇的に増えそうな気がするのだが、そうはいかんのではないか。

■保育士人件費はすでに下がっているのに

だって、多くの自治体はすでに正規保育士採用を減らし、非正規(臨時)職員を多く雇っているのだ。非正規ならもちろん人件費は安い。
また、公立保育所の民営化も進められている。民間(私立)保育所の保育士が高給ということはない。
東京都では認証保育所・認定こども園といった認可保育所より規制の緩い保育施設が増えていて、これらの施設で働く保育士も高給ではない。

それでも待機児童は解消されていない。どころか増えている。
「高給」でない保育士を増加させているにもかかわらず、である。
保育所新設・定員増は行ってきたが、入所希望者の急増に追いついていないのだ。

保育所新設・定員増が追いつかない主な理由は、ハード面の問題ではないだろうか。
保育所の恒常的な運営費はほとんど人件費だけれど、保育所を新たに作るには土地・建物・設備が要る。
時給800円のバイトを集めて公園で乳幼児の世話してもらえば親は安心して預けます…ってわけないんだから。

特に大都市部は地価が高く用地取得も大変である。保育所一つ作るにも費用や時間がかかり、そうそう増やすことができないでいるのだと思う。

鈴木氏は文藝春秋の記事で「保育産業は医療や介護産業に比べてもはるかに税金投入率の高い『補助金漬け産業』」と書いている。
近年、山の中や郊外に老人ホーム、施設をよく見かける。施設入所の高齢者は毎日家族が送り迎えする必要がないから山の中でも良く、地価が安いから立派な施設が作れるのだろう。
しかし、働く親が毎日送り迎えする保育所は山の中には作れない。作ったって申し込む人がいない。
職場か自宅にほど近い場所でないといけない保育所新設の難しさがあるんじゃないだろうか。

公立(正規)保育士の給料が元凶、というタイトルは編集部がつけたのだろうが、鈴木氏もしつこく給料の高さを書き連ねている。「保育所を増やす策」を探るよりもむしろそっち(公立保育士の給料高い)を訴えたいのかと思えるほどだ。

|

« NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」の深沢さん | トップページ | 鈴木亘「保育所の規制緩和」--なんでわざわざややこしいことを »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/49737381

この記事へのトラックバック一覧です: 鈴木亘「待機児童の元凶は公立保育士の高給」ってホントか?:

« NHK朝ドラ「ゲゲゲの女房」の深沢さん | トップページ | 鈴木亘「保育所の規制緩和」--なんでわざわざややこしいことを »