« 福岡県立美術館 | トップページ | もし南方仁先生が幕末の博多を通りかかったら »

2011.07.15

博多祇園山笠-追い山

仕事に追われていてもこれだけは見に行ってしまう(笑)

15日・追い山

Oiyama151

御供所(ごくしょ)通り--旧・東町筋で。

始まったのはまだ夜が明けきらない午前5時前。

Oiyama141

山がいくつか通るうちに、あたりはすっかり明るくなり。
この時間の頃合いが絶妙かと。

Oiyama902

山笠は主にタテ方向の通り(博多駅から海に向かう方向)を走る。海に向かって走り、向きを変えて駅側に戻り、また海のほうに行くのだ。(※)
見物場所としては昔からの狭い通りが気に入っている。江戸・明治の頃もこんな風情だったんだな…と思えるから。周囲はビルやマンションが建ってはいるけれど。

Oiyama909

こちら↓は大博通り。因幡の白ウサギが勢い水の中で跳びはねているよ。
もちろん表にいるのは大黒様(大国主命)。大黒流だけに。
2つ上の写真がその大黒様。

Oiyama912

※現在では山笠が走る区域は博多湾よりだいぶ内陸側になっているが、これは明治以降の埋め立て・港湾整備のため。江戸〜明治初期、山笠は海岸の近くまで走っていたと思われる。今の舁き山より高い飾り山が海に向かって走っていくのは壮観だったでしょうね〜。「ブラタモリ」なら再現CG作ってくれそう。ブラタモSP博多版やってくれんですかね>NHK様

|

« 福岡県立美術館 | トップページ | もし南方仁先生が幕末の博多を通りかかったら »

「地域・歴史」カテゴリの記事

コメント

先日は、大浜流灌頂の博多百年町家へお越し頂きありがとうございます。 その時、ご案内とお話をさせて頂きました立石です。 記帳の時にブログも書いて頂いたので、さっそく拝見させて頂きました。

写真付きで、色々あり見るのが楽しくなりました。

流灌頂期間は城戸久馬之進さんの映画看板を取り上げましたが、その他にも色々と活動しておりますので、ぜひまた遊びにいらして下さい。

投稿: 立石アルファ裕一 | 2011.08.28 19時32分

立石アルファ裕一さん

当ブログにお越しいただき、ありがとうございます。
流灌頂の折は、懐かしい映画看板写真を見せていただきました。立石額縁店様のように博多の歴史を伝えてくださるのは、町の歴史ウォッチャーの私には嬉しい限りです。防空壕を残していらっしゃるのもすごいですね。

さまざまなイベント、活動を楽しみにしております。
どうぞよろしくお願いします。


投稿: kiriko | 2011.08.29 00時35分

こんにちは。

博多百年町家の立石ガクブチ店です。

現在、映画の看板の神様「城戸 久馬之進・博多の正月の祭油彩画展」を開催中です。
全10点あります。
とにかく凄いので是非お越しください。

投稿: 立石陽子 | 2012.01.13 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/52211913

この記事へのトラックバック一覧です: 博多祇園山笠-追い山:

« 福岡県立美術館 | トップページ | もし南方仁先生が幕末の博多を通りかかったら »