« 博多駅の「こどもカフェ」 | トップページ | 落合監督、退任(2)--地元重視? »

2011.09.25

落合監督、退任--「落合解説」に唸ったことがある

中日ドラゴンズの落合博満監督が今季で退任する。
私はドラゴンズの監督で最も優れていたのは落合さんだと思うので、残念である。
8年もやったのだから仕方ないかなとは思うけれど。

落合さんと中日ドラゴンズ。
今でも印象に残っているのは、中日が星野監督時代にリーグ優勝し、日本シリーズでダイエーホークスにコテンパンにやられたときのことだ。

解説者だった落合さんはこんな話をした。
「あのプレーがうまくいっていたら、流れは中日に行ったはず。しかし決められなかったことで、中日に悪いほうへ悪いほうへと廻ってしまった」
「監督は選手に『お前ら、とにかく勝て。エラーしてもいい。三振してもいい。とにかく勝つんだ』と言ってやればよかったんじゃないか」

ほー…。
そういう見方があるんだなあ。

そのシリーズは第2戦こそ川上憲伸の力投で勝ったものの、他の4試合はホークスに圧倒され、どうあがいても中日は勝てなかったのじゃないかと私は思っていた。
だが、落合さんは「あのプレーで流れが変わっただろう」という。
結果は惨敗だけれど、それは一つの「勝負の分かれ目」に依ったものである、と。その分かれ目の結果如何で反対側に転ぶことがある。
勝負の機微とでもいうのだろうか、それを落合さんは感じたのだと思う。
(1点負けている場面で2ランホームランを打てば勝てた、みたいなのは素人でもわかるけど)

そして後者の「エラーしてもいい、三振してもいい、とにかく勝て」。
これだよ!と思った。
中日の選手が力を出せなかったのは、「失敗したらいかん、ミスしたらいかん」とガチガチになっていたからじゃないのか。
星野監督のもとでは、そうなりがちなんだよね。北京オリンピックの日本チーム惨敗でもわかるように。

エラーしても三振してもいいから、勝ちゃーいいんだ。
監督、リーダーがそう言ってくれるほうが、人は力を発揮できると思うよ。

この解説を聞いて以来、落合さんは面白い人だなと思っていたら、次の次にドラゴンズの監督に就任したので、これは期待できると思った。
で、実際、53年ぶりに日本一になった。リーグ2位からの日本一ではあったが。
中田賢一、浅尾など、地味な学校からいい投手を穫ったし。落合監督の功績は大きかった。

もうちょっと愛想よくしてもいいんじゃないの、という不満もあるにはあるが。
球団が落合監督を今季限りにしたのは、その愛想のなさ、ファンサービスに欠ける点だったのだろうか。
たぶん違うと思う(OBをコーチ陣に入れないから不満噴出だったのではないかと。中日の選手・OBは地元志向が強いらしいから、球団はいつまでもOBを遠ざけた体制を続けるわけにいかなくなったのだろう)。

次期監督と目される高木守道さんは好きな選手だったしお人柄が良さそうだから、地味ながらも良いチーム作りをしてくれると思う。やはり高木さんは守備に力を入れたチームにしていくのかな。浅尾くんを大事に育ててください。

|

« 博多駅の「こどもカフェ」 | トップページ | 落合監督、退任(2)--地元重視? »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

アンチ落合が増殖したからなあ(笑)

落合は自由の身

他の球団から監督要請バカスカ

投稿: 中日監督の事情 | 2011.09.25 06時00分

落合さんは若くて元気だから、他球団で監督するでしょうね。
「もう身体がもたない」と称して中日監督を退いた方が、他所で監督やってるくらいですからね(笑)
セでもパでも、落合監督がチームを率いたら、それもまた面白いと思います。

投稿: kiriko | 2011.09.25 20時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/52824437

この記事へのトラックバック一覧です: 落合監督、退任--「落合解説」に唸ったことがある:

« 博多駅の「こどもカフェ」 | トップページ | 落合監督、退任(2)--地元重視? »