« 冬の博多駅 | トップページ | ホークスの前身はホークス »

2012.02.01

博多駅ビルの屋上にいる小僧さんたち

博多駅ビルの屋上は展望スペースになっていて、博多湾〜周辺の山を一望できます。

そしてなぜか「鉄道神社」があったり。

Hakatast3322


こんなオブジェも。

Hakatast3321

「せんとくん」の生みの親・藪内佐斗司さんの作。「縁結び七福童子」というそうです。
七人いるのは九州七県だからですね。
九州新幹線全線開通を記念して、新幹線ルートを電車ごっこの七童(わらべ)。
新幹線ルートなら長崎・大分・宮崎は外れているではないかというのは置いておくとして。

Hakatast3320

これ(↑)は本州から南のほうを見ている。小僧さん列車が上ってきております。

薮内作品を見ると、「せんとくん」はあれでもだいぶ可愛く造形したのだとわかります。
キモいという人もいますが、私は好きです、この年寄りみたいな子どもの顔。

博多駅は九州の鉄道発祥の地。最初の駅の場所はここでなく100mくらい離れていますが。

|

« 冬の博多駅 | トップページ | ホークスの前身はホークス »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 博多駅ビルの屋上にいる小僧さんたち:

« 冬の博多駅 | トップページ | ホークスの前身はホークス »