« 博多の路地--祭りの時(2) | トップページ | 中央児童会館建て替えをPPP(官民恊働)で行うと税金節約になるの?(1) »

2013.08.07

こんな待機児童解消策で良いのか?--福岡市中央保育園移転問題

福岡市の中央保育園(中央区、認可私立保育園)の移転問題が少し前からマスメディアで報道されている。

〈概要〉
・中央保育園は市立中央児童会館に併設されている。
・老朽化のため建て替えることにした。
・中央保育園は別の場所に移転し、定員を増やす(待機児童解消策)。
・ところが移転先は近隣にラブホテルがいくつかあり、裏はパチンコ店。
・移転予定地に面した道路は狭く、交通量が多くて危険。この道路の他に緊急時の避難路がない。
 保護者・保育士らは環境と安全性が確保されないとしてこの場所への移転に反対している。
・市は道路の路側帯を色替えしたり、避難路を検討するとし、移転計画を続行。

報道を見た第三者には「ラブホテルが問題で(親が)反対している」印象を持つ人が多いようだが、実情はラブホテルより問題なことがたくさんあるのだ。←ラブホテルがあったっていい、という意味ではない。

経過と問題点は、反対している保護者のサイトがあるので、そちらを読んでいただきたい。
何が問題なのか?|中央保育園移転問題

■定員300人の保育園…(- -)

高島宗一郎・福岡市長は「待機児童解消のため、この場所への移転が必要」と言っている。
福岡市も待機児童問題が深刻だから、保育定員が増えるのは良いことだ。
老朽化した建物の建て替えも必要だろう。

しかし、具体的な数字を見ると、「あら?」と思う。

現在定員が150人の中央保育園を移転新築して、定員を300人にする。

300人の保育園は、規模が大きすぎやしないか?

現状の150人だって、保育園としてはかなり大規模だ。

小学校で考えると、児童数300人→1学年50人(25人が2クラス)×6。
少子化している近年では、これくらいの小学校でも特に小さな学校ではない。

赤ちゃんから5歳児まで300人を1箇所で保育する…
ちょっと乱暴でないかい?
いくら待機児を減らしたいからって。数を稼げばいいってもんじゃないだろう。

※300人定員という全国でも稀な「マンモス保育園」で、さらに道路や避難経路の安全性に懸念があるのだから、保護者、保育士が猛反対するのも無理はない。

定員を150人増やすことについては、もう一つ疑問がある。

果たして待機児のニーズに対応しているのか?

福岡市全体で、待機児童は700人近いと言われる。
中央保育園は天神に近く、割合便利な場所にある。
ならば150人の定員増は効果がありそう…と思うところだが、そうは問屋が卸さないのだ。

上記のサイト等で指摘されているが、この地区に150人もの待機児はいない

中央保育園移転問題

(以下引用)

中央保育園の待機児童は11名です。実は薬院の「のぞみ保育園」の方が待機児童は19名と中央保育園より多いですし、それよりも平尾・白金地区には38名もの待機児童がいます。

近隣で夜間保育をしている第2どろんこ保育園は定員割れをおこしており、待機児童ゼロ。現在の22時から時間を増やし2時まで預かる夜間保育の需要(ニーズ)も中央保育園にはほぼ無いのです。

150名の定員増をしても11名しか埋まりません。


(引用終わり)

参照:
NETIBNEWS--福岡市議会で紛糾 中央保育園移転問題(後)~定員拡充の必要性も疑問

保育園の待機児解消は、区全体、ましてや市全体で数を合わせてもうまくいかない。
福岡市は非常〜〜に広いし、中央区内でもニーズのばらつきがある。
そこが行政としては苦労するところだが、せっかく待機児童解消として土地を購入、園舎を建設するのに、有効な場所に建てなければ、投入した税金が活かせないというものだ。

さらに一つつけ加えたいのは、「何歳児の定員を増やすのか?」という話。

■3歳未満児を増やさないと待機児解消にならない

全国的なデータでは、待機児童の約8割が3歳未満児である。
特に育休明けの1歳クラスに預けたい人が増えている。1歳では入りにくいと考えて、育休を早く切り上げて0歳で預けたいという人も少なくない。
認可保育園は0歳、1歳クラスの定員が少なく、年齢が上がると多くなるという構造のため、3歳未満児で待機児が多くなるのだ(3歳以上は幼稚園--最近は預かり保育もある--の利用も可能なので、比較的入りやすい)。

ところで、中央保育園の「150人増」の内訳はどうなっているのか。
こちらの資料で判明した。

HUNTER--福岡市 補助金審査で重大ミス

300人定員の保育園、と上に書いたが、実際は同一敷地に2つの保育園を作るようだ。
事業計画書によると(注:市の担当部署が第1と第2の保育園を取り違えて書類を作成するというミスをしているのでわかりにくいが)

●改築の第1中央保育園 夜間保育を合わせて定員165名
 (昼間)0歳:12名 1歳:18名 2歳:20名 3歳:20名(35名) 4歳:25名 5歳:25名(35名)
 (夜間)0歳:3名 1歳:6名 2歳:6名 3歳:10名 4歳:10名(30名) 5歳:10名
●新築の第2中央保育園 定員135名
 0歳:15名 1歳:21名 2歳:24名 3歳:25名(35名) 4歳:25名 5歳:25名(35名)
※()内の数字の意味は不明

後者の「新築第2中央保育園 定員135名」が定員の増加分ということだろう。
年齢構成は通常の保育園と同じで、3歳以上が多い。0〜2歳児の定員を第1より多めにとっているのは、待機児に対応しているかと思う。

しかし、3歳〜5歳で計75人の増。
待機児が11人なのに、(あまりいないと思われる)3歳以上児の定員を75人増やしてどうするのだろうか?

福岡市の中央区、天神近辺には、3〜5歳で保育園にも幼稚園にも入らずに待機している子どもが75人もいるのか?
それはまず考えられない。潜在的な待機児がいて11人より増える可能性はあるが、3歳以上の子どもが大量待機ということはない。

保育事業者であれば、そんなことは重々承知だろうと思う。
待機児の実情に合わない定員の事業計画書を書かねばならない事業者に同情する。

横浜市長は待機児童ゼロを実現したとして注目され、政府に褒められた(少子化危機突破タスクフォースのメンバーにも入っているくらいだ)。
高島市長も、政令指定都市の市長として、横浜市長に負けない功績を上げたいのだろう。
だが、需要のないところの定員を増やしても、待機児解消にならないではないか。
また、「非実在の3歳以上待機児75人」を想定して大規模保育園建設を考え、道路や避難経路、周辺環境を我慢させるのでは、保育園に預けたい人、今現在預けている人、現場の保育士、そのほかの市民に対しても不誠実きわまりない。

|

« 博多の路地--祭りの時(2) | トップページ | 中央児童会館建て替えをPPP(官民恊働)で行うと税金節約になるの?(1) »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/132693/57944953

この記事へのトラックバック一覧です: こんな待機児童解消策で良いのか?--福岡市中央保育園移転問題:

« 博多の路地--祭りの時(2) | トップページ | 中央児童会館建て替えをPPP(官民恊働)で行うと税金節約になるの?(1) »